入校案内

Guide

入校手続き・資格について

入校したいけどどうすればいいの?
入校するには何が必要なの?
本人が申込みに行かないといけないの?
という方、いつでもお電話下さい。
直接ご来校いただかなくても、お電話で済む場合がほとんどです。入校日当日のお迎えの手配もさせていただきます。先ずはお電話下さい。0533-69-1241

免許取得のご案内

入校から免許取得までの流れ

普通自動車免許を取得するまでの基本的な流れをご紹介します。

入校資格

車種によって、年齢・視力などの制限がございますのでご注意ください。

※スマートフォンの方は横にスクロールしてご覧ください。
教習車種 普通自動車(MT・AT) 大型自動二輪(MT・AT) 自動二輪(MT・AT)
入学資格 年齢 満18歳以上(※1) 満16歳以上
視力 両眼 0.7以上 かつ 片眼 0.3以上(※2)
識別 赤・青・黄の信号が識別できること
聴力 通常の会話が聞こえること

※1…誕生日前から入校できます。但し、修了検定は18歳になってからの受検となります。
※2…普通・二輪免許の方で、片眼が0.3に満たない方でも、もう片眼に0.7以上の視力があり、視野が左右150度以上あれば大丈夫です。
※視力は「メガネ・コンタクトレンズ」使用でも可です。
※カラーコンタクト・カラコンサークルレンズについては検定・教習に限り、視力等の条件がクリアできれば使用できますが、当校で撮影する顔写真及び持ち込まれる顔写真については、カラーコンタクト・カラコンサークルレンズの使用はできません。
※角膜矯正用コンタクトレンズ使用の方は予めご相談下さい。
※身障者の方もお気軽にご相談ください。

入校手続き(通学教習)
項 目 内 容
受 付 平日 9:30 ~ 19:00 土曜 9:30 ~ 17:00
入校日 月曜 17:20~20:30
水曜 9:10~12:20
木曜 17:20~20:30
土曜 9:10~12:20
※手続き、入校式、学科教程1を実施いたしますので集合時間から3時間程度かかります。
※繁忙期は、入校の曜日・時間等が変更となる場合があります。
  必要書類 ・入校申込書
  (表面の太枠の中と裏面をご記入下さい。)
・住民票1通又は運転免許証
  (本籍地が記載されている本人様のものでマイナンバーの記載のないもの)
  (運転免許証をお持ちの方は、住民票は必要ありません)
・身分証明書
  (健康保険証・マイナンバーカード(顔写真付き)・パスポート等の内
  いずれかの原本1点)
・外国籍の方は在留カード又は外国人登録証明書
・入学に必要な費用
  ※電子マネー・クレジットの取扱いはございませんのでご注意ください。
・医師、歯科医師、保健士、看護師、准看護師、救急救命士、救急隊員などの資格をお持ちの方は、資格を証明する書類
お支払方法 ・現金
 入校当日までにお支払いください。
・銀行振込
 入校当日までにお振込みください。
・ローン
 ローンの審査後に入校手続きとなります。
 事前にご連絡ください。
※電子マネー・クレジットの取扱いはございませんのでご注意ください。
※合宿教習の方はがまごおり自動車学校入校規約(宿泊教習)にお示しします。
その他 ・ICカード
  (TOICA、manaca、nanaco等 無い方は貸出します。)
・メガネ・コンタクト
  (必要な方のみです。)
・筆記用具
・服装、履物は運転に適したものを用意してください。
 ※サンダル、ハイヒール、靴底の厚い履物では教習できません。
・自爪、付け爪、ネイル問わず指先から5mm以上は教習できません。
・自動二輪車の方は、長袖、長ズボン、くるぶし以上の長さの靴下を着用ください。
 ※ヘルメット、グローブの無い方は無料貸し出し致しております。
 ※胸・肘・膝等のプロテクターを着用していただきます。 

※合宿教習の方は別途送付資料をご参考ください。
※住民票が他都道府県に置いてある方でも教習が受けられます。
※公安試験は住民票のある都道府県での受験となります。
※カラーコンタクト・カラコンサークルレンズについては検定・教習に限り、視力等の条件がクリアできれば使用できますが、当校で撮影する顔写真及び持ち込まれる顔写真については、カラーコンタクト・カラコンサークルレンズの使用はできません。

普通車自動車限定 WEB入校お申し込みについて

入校までの流れ

WEB入校申し込みを送信されますと、お申し込みを確認し受信確認メールを送信いたします。
後ほど、入校申し込みの手続きが完了しましたら、再度入校関係事項を確認のためにメールまたはお電話を差し上げます。

入校式当日にご用意していただくもの

(1)住民票又は運転免許証
  ・本籍地が記載されている本人様のものでマイナンバーの記載がないもの
  ・運転免許証をお持ちの方は、住民票は必要ありません
(2)身分証明書
  ・健康保険証、マイナンバーカード(顔写真付き)、パスポート等
(3)ICカード
  ・TOICA、manaca、nanaco、suica等
  ・お持ちでない方は、貸出します
(4)筆記用具
  ・鉛筆、消しゴム、ボールペン等
(5)眼鏡、コンタクト(色つき不可)
  ・必要な方のみ
(6)外国籍の方は在留カード又は外国人登録証明書
※服装、履物は運転に適したものでお越しください。
※サンダル、ハイヒール、靴底の厚い履物では教習できません。

インターネット入校上の注意

入校式当日、適性検査(視力検査等)を行いますが、その結果により入校できなかったり、後日となる場合もあります。(※視力が満たない等、適性検査項目に該当する場合)

過去に免許取り消し、現在お持ちの免許で3年以内に違反等がございましたら、
申し込み前に当校へお電話でお問合せください。
ローンの場合は、誠に申し訳ありませんが直接ご来校のうえ申請手続きを行ってください。ローン審査後入校手続きを行います。

入校に伴う確認事項に関して

以下のいずれかにひとつでも該当される方は、入校お申し込みの際、安全運転相談、事前の検査や医師の診断等が必要になる場合や、入校の受付ができない場合があります。その際は、入校をお申し込みいただく前にお問合せフォームよりその旨をお伝えください。
 1.無免許運転等の違反で処分を受けたことがある。
 2.運転免許の停止(保留)処分を受けたことがある。
 3.運転免許の取消(拒否)処分を受けたことがある。
 4. 過去5年以内において、病気(病気の治療に伴う症状を含みます。)を原因として、又は原因は明らかでないが、 意識を失ったことがある。
 5. 過去5年以内において、病気を原因として、身体の全部又は一部が、一時的に思い通りに動かせなくなったことが ある。
 6. 過去5年以内において、十分な睡眠時間を取っているにもかかわらず、日中活動している最中に眠り込んでしまった回数が週3回以上ある。
 7.過去1年以内において、次のいずれかに該当したことがある。
   ・飲酒を繰り返し、絶えず体にアルコールが入っている状態を3日以上続けたことが3回以上ある。
   ・病気の治療のため、医師から飲酒をやめるよう助言を受けているにもかかわらず、飲酒したことが3回以上ある。
 8. 病気を理由として、医師から、運転免許の取得又は運転を控えるよう助言を受けている。
 9. 現在、療育・精神障害・身体障害等に関わる手帳を取得している。
以上の項目にひとつも当てはまらない方は、下部のボタンより入校申込みフォームへお進みください。
なお、お申し込みの際には、虚偽の申告により、今後免許の拒否・保留等の処分を受けることになっても一切、異議請求の申し立てを行わないことに同意されたものといたします。

ご入校に関するQ&A

  • 入校するにはどうしたらいいの?
  • 高校生の方:各高校の指示に従って入校してください。

    一般の方(所持免許なし):住民票・身分証明書・筆記用具を持参してください。
    一般の方(所持免許あり):運転免許証・筆記用具を持参してください。
    ※運転に適した服装(サンダル、ハイヒール、厚底の靴等不可)でお越しください。

    免許に必要な条件:視力が両眼で0.7以上、片眼で0.3以上必要です。
    ※眼鏡等が必要な方は、コンタクトレンズ又は眼鏡をご持参してください。
    ※カラーコンタクト・カラコンサークルレンズについては検定・教習に限り、視力等の条件がクリアできれば使用できますが、当校で撮影する顔写真及び持ち込まれる顔写真については、使用できません。
    ※角膜矯正レンズを使用されている方は事前にご連絡ください。

  • 四輪車の教習は、何時間受けるの?
  • 四輪MT免許:技能34時限 学科26時限(技能教習にについては、最短時限数です)
    「1段階 最短時限数 場内15時限 学科1~10教程」
    「2段階 最短時限数 路内19時限 学科11~26教程」

    四輪AT免許は技能31時限 学科26時限(技能教習については、最短時限です。)
    「1段階 最短時限数 場内12時限 学科1~10教程」
    「2段階 最短時限数 路内19時限 学科11~26教程」

  • MT車ってなに?AT車ってなに?
  • MT車は運転時にクラッチ、アクセル、ブレーキ、ハンドル、ギヤチェンジと両手、両足での作業が必要になります。

    AT車はMT車に比べて覚えることが少ない為、比較的簡単に免許取得ができます。

    発進から停止までの操作比較はここをクリック

  • MT車とAT車ではどちらが多いの?
  • 当校では、全入校生の約55%の方がAT車を選択されます。女性の9割、男性に限っても4割はAT車希望と、年々、AT車での取得が増えています。

    入校前にMT(マニュアル)かAT(オートマチック)のどちらで免許取得するかきめなければなりません。
    MT車はAT車と比べると運転操作が少し複雑ですが、免許取得後AT車も運転できるメリットがあります。
    注)MTからATへの途中変更は可能ですが、ATからMTへの変更はできません。

  • 四輪車でMT免許からAT免許に途中から変更できますか?
  • 受講した学科・技能はそのまま単位として認められ継続してAT免許に移行できます。
    AT免許からMT免許には、移行できません。
    (免許取得後限定解除という方法でMT免許を取得できます。)

  • 支払い方法は?
  • 通学教習の方の支払い方法は、『現金払い・振込み・ローン』から選択ください。
    振込み、現金払いをご利用の方は、入校当日までにお支払いください。
    ローンをご利用の方は、ローン審査後に入校手続きとなります。
    ローンについて詳しくはこちら

    ※電子マネー・クレジットの取扱いはございませんのでご注意ください。
    ※合宿教習の方はがまごおり自動車学校入校規約(宿泊教習)にお示しします。

蒲郡自動車学校では、高校生本人様がローンを組めるよう、ご用意しております。
高校卒業後支払開始のスキップ払いもあります。
詳しくはこちらをクリック♪

  • 送迎バスはありますか?
  • 自宅まで無料送迎いたします。もちろんお一人でも送迎いたします。

自宅近くまで送迎いたします。
雨の日や夜が遅くなっても心配なし。
特に女性にお勧めしています。
1日12本毎時間送迎いたします。
無料個別送迎バスの詳しい内容についてはこちら >>

  • 早生まれの人は、いつ頃入校したらいいの?
  • 高校生の方は、各高校で禁止期間等ありますので早めの入校をお勧めいたします。
    一般の方は、誕生日のおよそ一ヶ月前を目安に入校をお勧めします。
    (満18歳でないと修了検定・仮免学科試験等が受検できません。)
    ※修了検定とは、1段階終了後の技能検定です。
    ※仮免許学科試験とは、学科試験です。

  • 入校お申し込み
  • 資料請求
  • お問い合わせ

0533-69-1241

【月~金】9:30 ~ 19:00【土】9:30 ~ 17:00

  • 0533-69-1241

    【月~金】9:30~19:00【土】9:30~17:00

  • 在校生の方へ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 入校申し込み